Myself


1999年 [10月11月12月]
2000年 [
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2001年 [
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2002年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2003年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2004年 [
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2005年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2006年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2007年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2008年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2009年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月] 
2010年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月] 
2011年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月] 
2012年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月]
2013年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月] 
2014年 [1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月:12月]
2015年 [1月2月3月:4月:5月6月7月:8月:9月:10月:11月:12月]
2
016年 [1月:2月:3月:4月:5月:6月:7月:8月:9月:10月:11月:12月] ローリング日記TWITTER 


■離島系 1:小笠原 2:奄美大島 3:宮古島 4:出羽島 5:しまなみ海道 6:琵琶湖系 7:大根島 
     8:小豆島 9:大久野島 10:とびしま海道 11:渡鹿野島
■先端系 1:室戸岬 2:島根半島 3:佐田岬 4:志摩半島 5:紀伊半島        


12月30日

<ショーイチ、やっぱ面白いわ>

え?もう今年終わり?ちょ、去年にも増して早。
そんでもって何か印象的な出来事あった?と問われれば毎年同様「ベツニー」
以外返す言葉ナシなんですが、どこか行った?と聞かれれば、去年以上に色々な
とこへ行っていたような感はあります。ただね、その旅話を備忘録がてら書こうと
思ってた時間を全て天鳳に費やしちゃってただけなんだよね。
というわけで2016年は旅+天鳳発狂、以上。
しかも天鳳クソなのね。本当クソ。その結果…



となったので今年は楽しかった旅のみ振り返りたいと思いまーす。




去年までの旅の興味ポイントは離島か半島の先端という、いわば2次元座標上の
場所のみだったんですが、今年はそこに「山」という三次元座標上の高度が更に
加わった年でもありました。その中でも特に印象的だったのが屋久島の宮之浦岳。
社会人にあるまじき4泊とかしちゃったにもかかわらず、まだ行きたい場所が全然
残ってるんで、屋久島にはもう一回…いや2回は行きたいかも。


<1月>



ぼっちで海に入ってキャッキャできるほど胆力強くないわボケ!という宗教上の
理由から、沖縄方面の離島に行くならカップルもファミリーも少ない1月中〜2月の
もろ冬場に限る、と固く思っている次第。というわけで1月は「慶良間諸島」に行って
特に何をするというわけでもなく、日がな海を眺めてボーっとしてました。老人か。


<2月>



瀬戸内海で一番大きな島の筈が、何気に近畿と四国とを繋ぐだけの単なる橋呼ばわり
されてるっぽい「淡路島」へ行って、前から見たかった「渦潮」とともに、あまり表へ
出てこない各種見どころなどを探ってきました。渦潮ってホントにはっきりくっきり
渦なのなびっくり。あとキング・オブ・秘宝館とも言われる「なぞのパラダイス」なる
施設のはっちゃけっぷりが凄かったス。



分かるわー


<3月>



瀬戸内旅のハズさないっぷりはマジ異常っしょ、というわけで早々2回目の瀬戸プレイ。
艦これ巡礼を気取って広島は「呉」を中心にその南方付近の離島などを巡ってきました。
今だったら「この世界の片隅に」巡礼で盛り上がりそうなだけに、ちょい旅のタイミングが
速すぎたかも。


<4月>



全国魅力ランキング47都道府県中34位という、これ以上ないくらい微妙な位置取り
してる「香川県」に行ってその隠された魅力を…とか思ってた出鼻を曇り続きの天気で
ものの見事にくじかれ、ドンふて腐れてただただうどん食ってました。うどん飽きるわー
あ、だけど香川でも有数の先端地たる「紫雲出山」から見た雨上がりの瀬戸内海だけは
なんかこわいくらいに幻想的で綺麗だったなー


<5月>



春も中頃を過ぎてそろそろ山へ登れる季節きたわ、というわけで、今後20年程かけて
ちまちまクリアしていこうと思ってる百名山制覇の旅へ。去年の今頃同様、近畿は奈良の
奥地オブ奥地と言われる「川上村および天川村」付近にて山登りしてきました。
今後も世間一般の認知度が限りなく低いと思われる奈良奥地を掘り下げていければなと。

 参考画像:赤色部分が世間一般が認知してる奈良。


<6月>



百名山制覇の旅2016・パート2と称して、大分は「九重連峰」へ。
九重山頂付近からミヤマキリシマ越しに望む阿蘇山の噴煙は今年のベスト眺望。
正直、例の大地震から少ししか経ってなかったもんで出発前は結構な勢いでビビくって
ましたがまったくの杞憂すぎました。ホントここは景色も温泉も全部サイコー


<7月>



先月の九州から一転、今度は北に進路を向けて、北海道は「ニセコ」の羊蹄山へ。
その登山前日に手前のニセコアンヌプリ山から望んだそのシルエットはマジ圧巻。
でも本番登山そのものは突風だわドシャ降りだわ滑るわコケるわ飛ばされるわで
トンデモな目にあわされました。


<8月>



真夏と言えば海、海と言えば離島っしょ、とばかり、ネッ友の旅企画にまんま乗っかって、
伊豆七島の一つ「神津島」へ。東京近海らしからぬ海の青さと寿司の旨さをフル満喫…!
までは天国でしたが、この島のシンボル「天上山」へと登山中、日影なしの直射光下にて
じりじり熱波くらってたら、ふと気づけばそこそこマジモンの熱中症にかかって地獄へと。
まさか冬山とは真逆の夏真っ盛り山であの噂の「山をなめるなー!」を味わされるとはね。


<9月>



百名山制覇の旅2016・パート4と称して、富山県は「立山連峰」へ。
いやだから登山ハマりはそこそこマジなんですってば(ぷよぷよの腹肉をつまみつつ)
日本一高所の天然温泉地と言われる「みくりが池温泉」付近から眺める地獄谷の噴煙と、
それ越しに眺める夕陽があまりに異世界感満載すぎて、お脳がすっかり厨二モードに。


<10月>



そりゃね、「日本三大秘境」とかご大層なフレーズが付いてりゃ、旅好きとしては
絶対行ってみたい場所の一つでしょ、というわけですかさず行ってきました「祖谷」。
そして旅行中は、いや四国なんて基本平べったい場所ばっかなイメージだから険しい
山地いうてもそこまで大したことないっしょ、とか事前に考えてた自分をずっと殴って
やりたい気分で過ごしてました。気に入りすぎたのであと2回は行こうと思ってます。


<11月>



でもって冒頭の「屋久島」。
なんかすごいもん見るたびにマクロスにかけて「屋ッ久デカルチャー」とか呟いてたら完全に
ウザがられてツイッターのフォロワー30人なくしました。


<12月>



一人旅をやりすぎて普通に寂しくなってしまったので、ネッ友を強引に誘って
大分は「別府」にて夢の温泉三昧やってきました。いやもう入った入った、その数
3日で10湯。疲れを癒す為の温泉がむしろ湯疲れしまくって本末転倒感ありすぎる
旅になってしまいましたが、完全に楽しかったのでおk。


月並みな話ではありますが、アラフィフにして独身というね、要は子を造り育てる、
という人生の模範回答から完璧にズレまくった日々をおくっていると、何を支点に
生きていったらいいのか、モヤるというか、戸惑うことが時々あったりします。
このようなハグレ者はその空白を埋める為、常日頃から自分なりのオリジナル回答を
捻りだす必要に迫られたりするわけですが、その答えが「仕事」というのは流石に
なかったわー だとしたら趣味?ゲーム…は死ぬほどやったし、アニメは今も現役で
週に10本以上見てるけど、それだけじゃなんか足りないわ…などすったもんだした
結果、ふと気づけば旅行&温泉大好きおじさんがここに誕生してました。うわ普通。

しばらくこの路線でやっていこうと思っています。そんなこんなで来年もよろしく。



フォーム

Name:
Mail:
URL:

ボカロ系歌い手応募、叉はこのホームページに関する御意見・感想等どうぞ:
 



[TOP]
感想・お叱りはこちらまで→
E-MAIL