サマーランド


悪辣な侵略宇宙人と戦った宇宙人一家の物語をご存知でしょうか。流星人間ゾーンという作品について、私は、放映当時は全く関心が持てず、後年になって、初めてその内容を知り、”放映当時に観ておけばよかった。”と、後悔したものでした。ビデオや DVD で作品を鑑賞することはできても、そのときの社会状況の中で、子供の心で作品を楽しみ、番組のことをあれこれ語り合って楽しむことは、大人には決してまねのできぬことだからです。それほどまでに、(私にとっては)子供の目で観てみたかった作品でした。
確かに、いま観れば、その内容についてつっこみも入れたくなるのは事実ではありますが、正統派のヒーロー(この場合は、それが家族全体であることが、作品の特徴です)が、たとえどんな不利な状況におかれても、ファミリー一丸となって前向きに戦ってゆく姿、大人は大人らしく、青年は青年らしく、そして、子供は子供らしく、その正義感を全うしていく姿は、子供だった当時の自分には、さぞかし眩しかったことでしょう。



ここは、ゾーンファミリーが、彼らの母星をほろぼしたガロガ星人に、地球上で初めて 遭遇した場所です。正義の味方と呼ぶには、あまりにもかわいい、ゾーンエンジェルと ジュニアの姿が印象的でした。




(2003/8 撮影)





特撮へ 特撮のある風景 ローカル特撮へ

(C) Copyright 2003 val All rights reserved.
ご意見、ご希望をどうぞ val