新宿西口地下



いまや、リアルタイムで視聴した子供たちの年齢が、40 代にかかりつつある ”スペクトルマン”( 番組のタイトルが何度も変わりましたが...)....
数年前に、DVD ボックスが発売されて、ケースが”頭”の形であることが 評判になりましたね。放映当時は、特撮ヒーロー番組が量産されていた 時代であり、正直なところ、私自身は、この番組には、あまり興味を感じて いませんでしたが、大人になって、じっくり観てみると、これがおもしろいの なんのって!もちろん、実写であるべき部分が絵で代用されていたり、怪獣が かわいらしくて怖さが感じられなかったりという点には、いまさらながらがっかり させられることがあるのは事実です。しかし、それを補って余りある、 出演者の方々の熱演や、主人公の朴訥なまじめさ、変身後であっても、 人間性あふれるボディーアクションをするスペクトルマンの優しさ.....
この場所は、蒲生譲二が初めて画面に登場したシーンに登場しました。
実写版キューティーハニーで、主人公が街をさまようシーンでも登場しました。






(2004/4 撮影)







特撮へ 特撮のある風景 ローカル特撮へ

(C) Copyright 2004 val All rights reserved.
ご意見、ご希望をどうぞ val