アイアンキング

アイアンキング





<写真解説>
私の宝物の1つ、アイアンキングの LD BOX です。 作品の雰囲気とは無関係なデザインではありますが、 これから何度、このふたをあけることになることやら。


日本の特撮テレビ番組には、いくつかのパターンがありました。 主人公の名前、あるいはテーマが番組タイトルになり、主人公は ”教育的上、望ましい”生き方をしているということが、まるで 制作上の暗黙の了解であるようにおもえたものです。この作品は、 こういった”ルール”に対するアンチテーゼとして、放映当時、 異彩を放っていました。



特殊なドラマ構成

このドラマは、主人公が戦う敵に応じて、大きく3つのパートに別れている。 その敵というのが、日本先住民族であったり、革命集団であったり、宇宙人で あったりして、まことに変化に富んだストーリー構成になっている。
それと共に、戦いの場も、山間部、平地、都市近郊部(都市部)と変化し、 ドラマに、物理的な面でも変化が与えられている。


この番組にみる

特撮のある風景

このドラマの舞台は、山間や原野が主ではありますが、こんな名所も舞台に なったことがあります。




ここは、その筋で有名な”長沢浄水場”です。東京に初めてタイタニアンが現われたとき、 静と、霧島は、ここでタイタニアンと対面しました。





ここは、有名な五本松です。劇中で、岡崎友紀さんが、静、霧島とキャンプをしているとき に、独立原野党に襲われました。

これ以外にも”お化けマンション”も登場していましたね。



つづく
時間割へ 特撮へ WWW サーバーをさがす
(C) Copyright 1998-2003 val All rights reserved.

ご意見、ご希望をどうぞ val