悪魔くん ストーリー集


第五話 ペロリゴン

ある、トラックの運転手が、沼のほとりの地蔵を壊し、沼の管理人に ひどく叱られた。運転手は、同僚に、管理人の老人のことを悪く言っ て、”迷信”のことを笑い飛ばしていたが、帰る途中で、突如現れた 怪獣に教われ、食べられてしまう。
場面変わって、ある昼下がり、悪魔くん達は、沼に隣接した遊園地に 忍び込んで、同じ老人に注意され、逃げ出して沼のほとりに出てしまう。
そこに、沼からペロリゴンが現れ、遊園地へ踏み込むと、大暴れして 悪魔くん達を襲う。逃げ惑う悪魔くん達。だが、老人につかまって 一緒に逃げた貧太は、ついに飲み込まれてしまう。
悪魔くんは、みんなと離れてメフィストを呼びにゆき、一緒に戦うが、 ついに、ペロリゴンに飲み込まれ、胃の中で貧太と再会する。
胃の中で、消化液のすさまじさを見て、自らも溶かされそうになると、 悪魔くんは、メフィストに、”胃に穴をあけろ”と命令、みんなは、 無事、体内から脱出する。
事件も無事落着。地蔵堂の再建も終え、老人と悪魔くん達は、地蔵堂の前で、 以前の追う、追われるの関係も忘れ、みんなでなごやかに談笑するのであった。



悪魔くんへ特撮へローカル特撮へ
(C) Copyright 1999-2003 val All rights reserved.
ご感想をどうぞ val