悪魔くん ストーリー集


第十話 シバの大魔神

ある遺跡の発掘調査に加わった学者達が、次々と失踪している。
ある学者の家の前で、貧太が、変わった服装の男から、家の主人への 手紙を委ねられ、受取った主人は、いぶかしがり、恐怖におびえた。
ところかわって、こちらは魔法陣の前、訪れた真吾達の前に、もう1人の 悪魔がおり、メフィストの弟だという。貧太が、みんなの前で、ケーキの 箱をあけると、中から現れたのは、貧太の生首だった。
生首の謎を解くために、学者の家を訪れた真吾たちは、しかし、主人を 救うことができず、主人が連れ去られるときに追跡していたメフィストの 弟が、兄を呼び、やがて、現場に急行した真吾たちは、さっそく、 被害者の救出をしようとする。が、なぜか、躊躇するメフィストたち。 なんと、その場所”シヴァの神殿”は、悪魔にとっての禁断の地であり、 そこで魔力を使った者は、禁固刑に書せられるのだという。躊躇するメフィスト 達を前に、真吾は、メフィストなしで、神殿の怪人、魔神と戦うことを 決意し、健闘するが、ついに追いつめられてしまう。
その様を遠くで見守っていたメフィストは、ついに決意。弟の止めるのも きかず、魔力を使い、怪人を倒し、魔神を倒してしまう。
事件は解決し、被害者は救出された。だが、メフィストは、魔法陣の前で 罪状を示され、素直に地獄の警察に拘束された。メフィストは、自分の意思を 継がせるべく、弟の服装を自分と同じに変え、高らかに笑うと、地獄へ 去っていった。



悪魔くんへ特撮へローカル特撮へ
(C) Copyright 1999-2003 val All rights reserved.
ご感想をどうぞ val