●WINDS CAFE 26●

Winds Cafe OnLine ご感想・ご要望はこちらへ!

川村龍俊+幸子です。皆さまのおかげで WINDS CAFE も3年目に突入しました。今年もいろいろな企画でごいっしょに楽しみましょう。

●WINDS CAFE 26●

【ヒサタロー魂(スピリッツ)生ライヴ】

安藤久志・水美高範・石原克紀・望月卓朗

1999年2月21日(日)13:00開場

投げ銭形式 差し入れ大歓迎!

13:00開場 13:30開演 15:00オークション+パーティー 夕方終了

▼川村からひとこと

WINDS CAFE によく来てくれる望月卓朗君から、友人にアニメ歌手を志している男がいるのでぜひライブを開かせてあげたい、と相談を持ち掛けられ、まさかその彼が岡山県の人だとは知らないで気軽にOKを出したのが昨年夏のことでした。一度東京でその彼、安藤久志君と会ってみて、人生を歌にかけようという意気込みに惚れ、以後この日まで彼は仲間とじっくり選曲と練習にはげんできたのです。この春には会社をやめて、歌の学校へ通う決心を決めた、心意気ってえ奴を堪能しようではありませんか。なお、パーティーには、アニメ特撮主題歌カラオケテープと歌詞カードをご用意いたしますので、安藤君に勝てるとお思いの方はどうぞ勝負してください。私も1曲歌おうっと。

▼望月卓朗君からの手紙

ヒサタローこと安藤久志君と出会ったのは、アニメ歌手、堀江美都子(以下ミッチ)のファンクラブ。「ミッチが好き」という共通の気持ちをさることながら、「アニメ歌手になりたい」という夢を追い続ける彼の姿に、同じく昔からの夢を追い続ける僕はとても親近感を持ち、「お互いに夢に向かって頑張ろう!」と励まし合ってきました。また安藤君は人との交流にも熱心で、ミッチファン仲間でグループ「半熟卵」を結成。リーダーとして活躍しています。最近、ふとした弾みで岩崎宏美にハマり、それが縁で WINDS CAFE を知った僕は、ここで彼のライブをやれないかと考え、めでたく実現しました。ポスト水木一郎とも言うべきヒサタローが展開する、絶妙なアニメソングの世界。次代のスター誕生の瞬間を、その目でとくと御覧下さい。

▼安藤久志君からの手紙

アニメソングを引き下げて、颯爽と現れた謎の4人の戦士たち。隊長のヒサタローを筆頭にみんなの心をGETだぜ。繰り広げられる懐かしい曲の数々に、会場は興奮の渦に包まれるだろう。我々の夢の中には、いつもスーパーヒーローたちが眠っている。アマチュア代表として、今、そのスーパーヒーローたちを呼び起こし、会場を飛び回らせ、心を一つにしよう。甦る記憶の中で、幼き日の自分に返ってほしい。・・・そして「僕らのマジンガーZに乗ろう!」

▼出演者プロフィール

1号レッド:安藤久志(あんどう ひさし,通称:ヒサタロー)

1971年生まれ。岡山県は倉敷出身。17歳でアニメソングに目覚める。憧れの堀江美都子(ミッチ)・水木一郎(兄貴)の存在が自分の人生を大きく変えたと思う。それまではアニメの”ア”の字もなかった人間が、何かに取り憑かれたように、しかも自分が生まれた頃の歌に、これしかないと目標を定める。現在27歳。10年間の遠回りを経て、今、本格的に「歌の世界」に身を捧げる覚悟。経歴:ラジオCM=1本、ラジオ・ドラマ=2本に出演。必殺技は勿論...雄叫びと魂飛行術。ゴォォォォォ−!! スパァァァァァ−ク!!

2号ブルー:水美高範(みずみ たかのり,本名:宮崎一宏)

6月7日生まれ。兵庫県出身。O型。へたくそな私ですけど一生懸命ガンバリますので、どうかよろしくおねがいします。と本人のコメントだが、それはハッタリで、かつて某ファンクラブ主催「歌の対決」でヒサタローのメガネに適う声量の持ち主。聴けば判ります。解ります。わかりますって。 

3号ブラック:石原克紀(いしはら かつのり)

昭和39年12月30日、静岡県浜松市生まれ、34歳。名古屋学院大学卒業後、呉服屋の販売員、コンピュータ・プログラマーを経て、現在は業務用ユニフォーム販売会社の役員を務める。東京在住の頃、月給をはるかに越える飲み代を稼ぐためにカラオケスナックで歌っていた過去があり、どことなく演歌っぽい歌い回しがあるのは、そのせいかと思われる。そんな彼のアニメ・特撮ソングとは如何なるものなのか、それは本人にもわからないらしい。

4号グリーン:望月卓朗(もちづき たくろう,PN:ワイドビュージェニー)

1971年生まれ。静岡県出身。鉄道,ミッチ,岩崎宏美の3つの地獄(笑)を有する。中学生の時、「藤子不二雄ワイド」の主題歌でミッチの唄に魅せられファンに。その後、本格的にファン活動に乗り出し、アニメソングの素晴らしさ、ミッチの偉大さを知る。高校生の時、初めてミッチのライブに行き、以後、病み付きになる。大学時代にファンクラブ「TomBoy」に入会、後に安藤君と出会う。「ファン同士の交流の輪を広げたい」という彼の思想に同調し、「半熟卵」組織化に尽力。メンバーの結婚寄せ書き作戦等、数々の企画を実行し、唄の練習にも勤しむ。現在は岩崎宏美に力が行き、ミッチのほうはやや留守がち(汗)。鉄道地獄が高じて、日本信号(株)に勤務。

注)メンバーを色で分けてみたのは、ただの愛嬌です。


それでは、2月21日(日)に吉祥寺でお目にかかりましょう。


Go to Main Page