●WINDS CAFE●

Winds Cafe OnLine ご感想・ご要望はこちらへ!


川村龍俊+幸子です。WINDS CAFE 22 はお茶会もやります。ぜひお越しください。

●WINDS CAFE 22●

1998年10月25日(日)14:30開場

【シャーロッキアナはお勧めしません】平山雄一(ゲスト:よしむらこう。)

14:30 開場
15:00 講義:シャーロッキアナとはなにか
16:00 購読:シャーロッキアナ論文の実際
17:00 鑑賞:ホームズと音楽;特にラッススについて
18:00 歓談:お茶
19:00 質疑:討論会
20:00 パーティー+チャリティー・オークション
23:00 終了
・入場無料、出入自由。
・飲食物の差し入れを! お茶会にはお菓子、飲み会にはお酒。
・お茶会用にティーカップをご持参ください。持ってこないと紙コップ。
・課題図書と事前課題がありますので予習してきてください(本文参照)。

▼川村からひとこと

平山雄一さんは私が1980年に高校に入学したときの1年先輩です。合唱部で同じバスパートを歌っていたのが縁で、平山さんが作った「シャーロック・ホームズ研究会」に入会し(させられ)ました。そこで唯一私が書いた原稿は「ホームズだって女が好き」(笑)というもので、短編「ボヘミアの醜聞」の主人公を中心にしたものでした。それから18年たって、筋金入りのシャーロッキアンになられた平山さんがホームズを語ってくださいます。お茶あり音楽あり試験(?)ありと盛り沢山な内容ですが、きっと楽しい一日になることでしょう。

▼平山雄一さんからの手紙

「磯野家の謎」を筆頭とする謎本ブームのころ、一時かすかな日があたったかのように見えたシャーロッキアナですが、あいかわらず一般世間の正しい認識はえられていません。しかもこのごろは「シャーロッキアン」でさえもその正しい意味を見失っているかのように思えます。今回は「ホームズ好きならばだれでもシャーロッキアンになれる」などという甘い認識を打破すべく、ハードでディープなシャーロッキアンの地獄絵図を御紹介いたしましょう。なお、いらっしゃる前に「シャーロック・ホームズの冒険」の第一話である「ボヘミアの醜聞」をお読みになっていただけるとより理解が深まるとおもいます。もしお持ちでない場合は、ちくま文庫の「シャーロック・ホームズ全集第三巻」をお求めいただければ、詳しい注釈がついていますので、ますます理解しやすいと思います。

■プログラム

    1)シャーロッキアナとはなにか
    最近世間で出回っている入門書では、「ホームズが好きならだれでもシャーロッキアン」とか「ホームズの小説60編全部読めばシャーロッキアン」とかいう甘言がよくみられますが、ほんとうにシャーロッキアンはこんなものではありません。もう蟻地獄につかまった蟻のような苦しみの連続です。やめるならいまのうちです。

    2)シャーロッキアナ論文の実際
    では地獄に落ちてしまったシャーロッキアンはどのような活動をしているのか。その活動成果たる論文を御紹介しましょう。今回の内容は「ボヘミア王の正体」です。当時ボヘミアはオーストリア帝国の一部であり、ボヘミア王は存在していませんでしたが、今回の調査の結果、その正体が判明しましたので報告します。

    3)ホームズと音楽;特にラッススについて
    あまりくだらない話ばかりしていても WINDS CAFE の皆さんは満足しないと思いますので、友人の音楽評論家の吉村恒氏に音楽の話をしてもらいます。ホームズは音楽に造詣が深く、ラッススのポリフォニーについて論文を書いていたといわれていますが、幸いラッススは吉村氏の専門ですので語っていただくことにしましょう。(ただし時間通りに彼が現れれば、ですが)

    4)お茶
    今回は特別にイギリスから取り寄せた、日本では手にはいらない紅茶を提供しますので、御賞味ください。(ただしおいしいとは限りませんので、あしからず。)

    5)討論会
    実際にシャーロッキアナを実践してみましょう。冒頭で指定したテキスト「ボヘミアの醜聞」から以下の問題をだしますので、当日までに答えを考えておいてください。考えつかなくても、考えてください。
    【問題】
    1.なぜアイリーン・アドラーとの一件は「二年たてば問題がなくなる」のだろうか?
    2.なぜアイリーンはボヘミア国王の結婚をじゃましようとしたのか?
    3.どうしてアイリーンはゴドフリー・ノートンとあわてて結婚しなくてはいけな
      かったのか? またなぜ結婚式だけあげて同居や新婚旅行をしなかったのだろうか?
    4.ホームズは友人のワトスンが医院を開業したことをなぜしらなかったのだろうか。
    5.ホームズは火事が発煙筒をつかった芝居だとばれているにもかかわらず、なぜアイリーンの家に見張りもおかず、逃走するままにさせておいたのか?
    6.下宿のおかみはほかのエピソードではハドスン夫人であるのに、なぜこのエピソードだけターナー夫人が登場するのだろうか?
    7.「故アイリーン・アドラー」とかかれているが、彼女の死因は?
    8.ホームズが「あの女性」とよんでいるということは、アイリーンに恋愛感情をもっていたのだろうか?

    平山雄一プロフィール

    東京医科歯科大学大学院歯学研究科卒、歯学博士。
    ベイカー・ストリート・イレギュラース、アーサー・コナン・ドイル協会会員。
    国際シャーロッキアナ雑誌 The Shoso-in Bulletin 編集長。
    川村龍俊氏の高校時代の一年先輩。

    ▼よしむらこう。(吉村恒)プロフィール

    音楽ライター=新聞・雑誌の記事やインタヴュー、CDやコンサートのブックレットの執筆・翻訳をする人。古楽のほか、軟派な現代音楽やモンドや映画も好き。共著書に『もう一つの音楽史』<現代思想>別冊、『古楽演奏の現在』音楽之友社、『200CD古楽への招待』立風書房、など。

    ▼今回の川村龍俊コレクション展示は、アンドレアス・カール・シュルツです。


では、10/25(日)に吉祥寺でお待ちしております。楽しく遊びましょう。 川村龍俊+幸子

Go to Main Page