●WINDS CAFE 17●

1998年5月31日(日)17:30開場

【コンテンポラリー・マイム シゲル 英国凱旋公演『ザ・ループ』】

17:30 開場
18:00 ザ・ループ (前半40分+休憩20分+後半40分)
19:40 パーティー+ビデオ上映(*)+チャリティーオークション
(*) ユー・ショウド・ミー by ライトニング・シーズ
23:00 終了
入場無料(投げ銭形式)

(コンサート中、床に座っていただきますので、お召し物にご留意ください)

▼川村からひとこと

ちょうど1年前の5/31の WINDS CAFE 05 で、「ワルツ・エクスペリエンス」「操り人形」「蜘蛛女」の3作を披露してくれた若きマイムアーチスト、シゲル君は、その後ロンドンに渡って新作「ザ・ループ」を上演、大変な評判をとりました。今 回の「ザ・ループ」の上演は日本での最初のお披露目になります。1年ぶりに彼のマイムに触れる方も、初めての方も、多いに期待してください。

▼シゲル(マイムアーチスト)プロフィール

1969年7月27日生まれ。千葉県出身。高校卒業後'88年に渡英し、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジにて美術課程を卒業後、デズモンド・ジョーンズのもとでマイムを習得する。また、在英していた梅若流能楽師、梅若猶彦氏から能の"動き"の 手ほどきを受け、'93年から主にソロとして、英国・ヨーロッパなどで活動を開始する。能などの東洋のエッセンスを取り入れた身体の動き(ムーブメント)に注目したマイムの作品を、シアター、ギャラリー、ナイトクラブなどで発表、ポップビ デオなどにも出演する。"テクノ時代のマイム"をテーマにミックスメディア・アーチストとの共同製作や、デジタルテクノロジーを使った演出を手がける。'96年に行なわれた英国博物館のガラナイトでは、アジア人パフォーマーの代表としてマー ガレット王女に呼ばれ、マイムのデモンストレーションを行なう。現在、イギリスの演劇学校などで広く使われている、演技・演劇教育の本"Impro"を日本語に翻訳中。今秋晩成書房から出版予定。

WINDS GALLERY にはちょうど1年ぶりのカムバックです。昨年5月の時点では将来を模索するための一時帰国でしたが、あれからロンドンに戻り、今回の「ザ・ループ」を製作・公演した後に、11月、世紀末の日本にロマンを求めて引き上げてきま した。約10年ぶりの日本の生活で「浦島太郎」は決して御伽噺ではなく、感覚的な現実の比喩なのだと実感しています、あっはっは(泣)。日本に帰って環境や心境の抜本的な変化にともない、現在新作の準備をしています。そのためにロンドンの 自分にけじめを付ける意味で、ちょうど昔の恋人の写真を見つめるようなほろ苦い気持ちで、5/31の「ザ・ループ」の公演に臨みたいと思います。さよならダイアナ!さよなら青春!

「ザ・ループ」(作・出演:シゲル、音楽:樋口享・シゲル)は、昨年9月にロンドンのリバーサイド・スタジオで公演しました。テクノカルチャーと東洋思想のつながりのようなことを考えて作りました。ループは私にとってニューサイエンス版輪廻みたいな意味です。ついでにお見せするライトニング・シーズのビデオの曲は、昨年ヒットチャートにのぼり、生まれて初めて知らない人から「あのビデオに出ているのはあんたか」などと道を歩いているとき声をかけられました。

○TIME OUT タイム・アウト誌
This is meditative art, radical and visionary mime molded with film.
まさに冥想的な芸術だ、奇抜で視覚的なマイムがうまく映像と一つになっている。

○THE CHRONICLE クロニクル紙
Taking mime to a new stage, ...Brilliant idea.
新しい時代のマイム、・・・素晴らしいアイデアだ。

○THE OBSERVER オブザーバー紙
Shigeru, the noisiest mime artist in the world.
世界一やかましいマイムアーチスト、シゲル。

○THE SUNDAY TELEGRAPH ザ・サンデイ・テレグラフ紙
Real drama and emotion at last.
真のドラマと情熱がついにやってきた。

○THE OBSERVER オブザーバー紙
Shigeru belongs to a contemporary multiculture, which takes ideas, images and techniques from everywhere and grafts into an unclassifiable hybrid.
シゲルは現代のマルチ・カルチャーに属している、つまりアイデアやイメージやテクニックを色々な所から取り入れてきて、分類不可能な独自の産物を作り上げてしまう。

[文責+翻訳:シゲル]

▼「ザ・ループ」終演後、パーティーとしましょう。みなさんの差し入れだけが頼りです。よろしくお願いします。また、パーティー途中に、「ユー・ショウド・ミー」のビデオ上映(5分位?)と、チャリティー・オークションを行います。お帰 りはご自分で終電を見計らってどうぞ。11時をめどに終宴とします。


windsmap

 ▲:JR・井の頭線吉祥寺駅公園口   M:マクドナルド   S:SUBWAY   
 C:コロラド   D:メガネドラッグ   K:KIKUYA   ○:「吉祥寺駅前」交差点
 ◎:交番   //:中央線ガード   F:二葉栄養専門学校   V:VIC   □:信号
 豊:フコク生命   協:協栄生命  紀:スーパーマーケットの紀ノ国屋
 ★:WINDS GALLERY 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-4-11 7階

WINDS GALLERY とは、井の頭通り沿いにある、7階建てのオフィスビル風のコンクリートうちっぱなしのモダンな建物そのものの名前です。吉祥寺駅から徒歩約5分(地図でよくわからない方は、駅で「スーパーマーケットの紀ノ国屋」を尋ねてく ださい。紀ノ国屋の一つ手前の信号の少し手前の左側になります)。ビルの1階はショーウインドー風のガラス張りになっていて、木工製品を扱う「森のギャラリー」というお店が入っています。入り口はガラスの自動ドアになっていますので、それ を入って、エレベーターで7階(最上階)まで上がってください。ドアが開くとそこが会場です。道路と建物入口に掲示を出します。


予告編

WINDS CAFE 18 古川恒郎ライブ「歌とギターと、それから酒だ、な?」 6/28
WINDS CAFE 19 アルゴ[近藤和明(p)+三浦浩(g)+野村修(per)]ライブ 7/26


川村からのお知らせ

川村龍俊コレクション展が、八王子の純心ギャラリーで開催中です。どうぞお運び
ください。ギャラリーへは車が便利です(中央高速八王子第2インターから10分)。
    〜6月6日(土)10:00-17:00  日曜休み 
    東京純心女子大学 純心ギャラリー(八王子駅・福生駅からバス30分)
    東京都八王子市滝山町2-600  Tel:0426-92-0326 
    詳細はこちらのページ
バス時刻表: http://www.t-junshin.ac.jp/common/access/Default.htm

関連イベント 山口昌男講演会「芸術の快楽 −私は何を見て何を聞いたか−」 6月1日(月)15:00〜 東京純心女子大学江角記念講堂 純心ギャラリーコンサート「ジョン・ケージの音楽(2)---Four4(1992)---」 篠原猛史・篠原芳子・川村龍俊・川村幸子(音具) 6月5日(金)16:30〜 純心ギャラリー 同展出品作家の新作展覧会情報 林繭子(グループ展)SEVERAL REALITIES '98 〜5月23日(土)9:30-17:00 木曜休み 名古屋市市政資料館(重要文化財)(地下鉄名城線「市役所」下車徒歩5分) 愛知県名古屋市東区白壁1-3 Tel:052-953-0051 中川佳宣(個展)"farmaer's pot" 〜5月30日(土)10:30-18:30 日曜休み ギャルリーユマニテ東京(地下鉄「銀座」有楽町線「銀座一丁目」下車) 東京都中央区銀座1-8-2 銀座プルミエビル4階 Tel:03-3564-4350 わたなべゆう(個展) 〜5月31日(日)13:00-19:00 月・火・水・木曜休み(金・土・日曜開廊) and gallery(小田急線「豪徳寺」世田谷線「山下」下車徒歩3分) 東京都世田谷区豪徳寺1-7-9 Tel:03-3426-4020 丸山直文(個展)「時の温度」 5月26日(火)〜6月20日(土)10:30-18:30 日・月曜休み 佐谷画廊(山手線「有楽町」地下鉄「銀座」下車) 東京都中央区銀座4-2-6 第2朝日ビル地下 Tel:03-3564-6733 ------ では、5/31に吉祥寺でお待ちしております。楽しく遊びましょう。 川村龍俊+幸子


Go to Main Page