●WINDS CAFE 14●

            日時:1998年2月22日(日)19:00開場

19:30【相馬理美 WINDS CAFE 公演『川村さんからの電子メール
       〜 WINDS CAFE 主催者とやりとりした電子メールのことばを使って』】
21:00 パーティー+WINDS GALLERY チャリティー・オークション

              入場無料(公演後投げ銭を頂戴します)  出入自由


▼【相馬理美 WINDS CAFE 公演『川村さんからの電子メール
       〜 WINDS CAFE 主催者とやりとりした電子メールのことばを使って』】

[川村からひとこと]
  相馬さんの一人芝居のことは、昨年11月に伊藤潔人さんのホームページで知りま
した。http://www4.big.or.jp/~kiyoto/soma/soma_index.html
  私はまだ相馬さんの一人芝居を見たことがありません。でも、きっとおもしろい
だろうな、と思ってお願いしましたところ、「ミイラ獲りがミイラになる」のこと
わざを痛感しております。とにかく、ご覧あれ。ううう。

[相馬さんからの手紙]
 あるまとまった文章から言葉を抜き出し組み換えてテキストを作るという方法を
ときどき用いています。もとになる文章は、観客のアンケートだったり、著作権法
条文だったり、宮本武蔵の『五輪書』だったりします。枠を作ることで自由を得る、
そういう発想で始めました。
 今回の WINDS CAFE 公演では、主催者の川村さんからいただいた電子メールの言
葉を使ってテキストをつくってみます。この演目までのいきさつを、公演チラシの
文章でお伝えします。

[公演チラシの文章]
  一度も公演を観ていただいていないのになぜ声がかかったのかわからない。とて
もアカ抜けた会場でやりたい演目のイメージが浮かばない。催しのあり方がいまひ
とつつかめない。だから引き受ける理由がみつからない。なのに断る気になれない。
かろうじてアイディアが1つ浮かんだので、後日メールで伝えますと川村さんに言
った。
  何かありましたか、それで十分です、聞く必要はありません、と川村さんは言っ
た。
  まだ迷いながらベランダに出て WINDS GALLERY を外からのぞいた。突然、忘れ
ていたことを思い出した。「自分宛の文章を使ってテキストをつくること」。以前
やろうとしてやれなかったこと。そうかこの人か。キーワードは<川村さん>だ。
  やっとWINDS CAFEで芝居が見れると喜んでいる主催者に念のために聞いた。
「川村さんの思っている演劇と、私の思っている演劇とは違うかもしれませんよ。」
「僕の思っている演劇とは簡単で、台本があってそれを練習することです。」
  完璧だ。完璧にクリアしている。
  そんなわけで川村さん。こういう機会をあたえてくださったあなたに心をこめて
贈ります。1998年2月22日、1回限りの演目です。つまらなかったらごめんね。 
                                                                  相馬理美

[プロフィール]
  相馬理美(そうま・たまみ)1992年より「一坪公演」と銘打った公演を行ってい
る。文字通り一坪の広さを舞台とする公演で、舞台装置・音響・照明なども最小限
にしぼり、一坪あればどこでもできる公演をめざしたものである。一坪という広さ、
出演者本人が舞台上で操作できる程度の音響・照明効果というのも、自由を得るた
めの枠のはたらきをしている。
  1997年公演記録
   3/30     一坪公演もりあわせ(於/なかのZERO・学習室)
        「棒が1本・さっちゃん数え唄、他」
   5/ 4     アフターテラヤマ演劇祭参加(於/高円寺ショーボート)
         「空飛ぶ金太郎・シロヤギさんの最初のご用事・もふくのちょう」
   5/17、18  一坪公演 in Big Bamboo(於/下北沢、Big Bamboo)
         「犬のその後・森のお譲さん、他」
  10/12     有鄰館演劇祭'97参加(於/群馬県桐生市、有鄰館・洋酒蔵)
         「石・スズメと通訳・豆腐の若者・メダカの祈り」
  11/ 2     キノ・キュッヘの秘かな愉しみVol.1参加(国立、キノ・キュッヘ)
         「棒が1本」


▼公演は9時前には終了予定です。終電まで、楽しくパーティーをしましょう。お
酒、食べ物等、差し入れ大歓迎です。じゃんじゃん持ってきてください。


▼また、前回初の試みとして、WINDS GALLERY の運営維持費を少しでもお助けする
ために、チャリティー・オークションを開きましたところ、ポスター・絵葉書・画
材・著者サイン本、また若手美術家によるオリジナル作品など、もりだくさんの出
品をいただき、大いに盛り上がりましたので、今回もまた開きたいと思います。

[チャリティー・オークションへのお誘い]  
  WINDS GALLERY オーナー板橋先生のご好意で、WINDS CAFE の開催にあたっては
破格の使用料で会場をご提供いただいてきましたが、本来の維持費はもっと高いは
ず。そこで、みなさんの家や勤務先に眠っている何かをもちよってセリを行い、落
札者には品物を、お金はGALLERYに差し上げたらどうかなと思いつきました。こち
らでも品物はいくつか用意していますが、もしなにか思い当たるものがありました
らぜひお持ちください。自分の書いた絵なんかもおもしろいかもしれませんね。


Go to Main Page