●WINDS CAFE 03●

●日時:1997年3月15日(土)

「音響詩 −音とことば− 」

    16:30-       開場
    17:00-17:30  レクチャー「音響詩 ダダからフルクサス」(足立智美)
                  音響詩についての解説、その歴史、テープによる実例
    17:30-19:00  お茶会・食事休憩
                  足立智美・芳賀徹のDJ。声・言葉をテーマにした選曲で。
    19:00-19:45 コンサート by 足立智美
                   ヒデ・キノシタ「−X−から始まった有聲音詩型」
                  フーゴー・バル "Seepferdchen und Flugfische"
                   クルト・シュビッタース "Ursonate"
                   芳賀徹の作品
    19:45-20:15 朗読 by 芳賀徹
  20:15-20:30  コラボレーション 足立智美+芳賀徹
  20:30-       質疑応答+懇親会、及び後片付け

●場所:WINDS GALLERY(ウインズ ギャラリー)
        東京都武蔵野市吉祥寺本町3-4-11 7階   TEL:0422-21-6612
    JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」駅から徒歩5分)

●会費:投げ銭(終了後、献金袋を回しますので、満足度に応じてご寄進ください)

●お願い:ティーカップをご持参ください。

##########################################################################

音響詩とは、言葉自体の意味より、発音された際の音響に重点がおかれた詩。1920
年代のダダイズムに始まるその流れをヴォイスパフォーマーの足立智美が解説、実
演(日本初[1924]の音響詩や、ダダイスト・シュビッタースによる大作を含む)。
現代の音響詩人、芳賀徹の自作詩朗読。二人のコラボレーション。以上のプログラ
ムを通して言葉と音響の諸相を探求する。

▼足立智美(あだち・ともみ)
1972年生まれ。リアルタイムのサンプリング、電子変調を伴ったヴォイスによるパ
フォーマンスの他、ワークショップ形式によるパフォーマンス、現代音楽作品や音
響詩の演奏、演出家との共働による舞台作品など多岐に渡る活動を展開。最近では
CD収録曲が一部のヒットチャートに登場、注目を集める [CD:'WHITE SUMMER'
 in "MIMIKAKI", KUWAGATA RECORDS KUWA 0001 FAX:03-3462-0947]。94年より「音、
あるいは耳について」を企画、現在 vol.6 まで進行中。
                                                      [以上文責:足立智美]
▼芳賀徹(はが・とおる)
1970年生まれ。山形大学工学部卒。アンビヴァレントなものを好み、日常性の音と
空間をめぐる様々な表現形態に関心がある。作詩は、朗読を音楽として聞かせたい
というアイデアから2年前に始め、一貫して音響詩的な詩だけを書いている。まだ
詩を朗読以外の形で発表したことはないが、いずれ自分の朗読を楽譜に起こして「
詩集」を作りたいとMPO考えている。活動のメインは"納豆漁業121メートル集合"
というプロジェクト名で行うハプニングやアート・イヴェントの企画・運営。
                                                        [以上文責:芳賀徹]


Go to Main Page