●WINDS CAFE●

● WINDS CAFE 124 in 三軒茶屋 ●

【ケー ジ:声のための作品集 〜ケージ生誕95年・没後15年によせて〜】

松平敬(声)
ゲスト:松井茂(映像)+川村龍俊(朗読+パーカッション)

2007年4月22日(日) 午後1時開場

レンタルスペースSF 東京都世田谷区太子堂2-12-10 TEL 03-3419-5449

入場無料(投げ銭方式)/パーティー用の差し入れよろしく!(主にお酒や食べ物)

13:00 開場
13:30 開演
16:00 パーティー+オークション

▼プログラム

●序幕
 John Cage: Radio Music (1956)
  http://www.johncage.info/workscage/radiomusic.html
  松平敬・川村龍俊・松井茂(ラジオ)

 松井茂:虚の風景論──あるいはジョン・ケージのパセティック・ファラシーに関する戯曲的現代詩 (2007, 委嘱初演)
  川村龍俊(朗読)、松井茂(映像)

●本編
 John Cage: Song Books (Solos for Voice 3-92) (1970)
  http://www.johncage.info/workscage/songbooks.html
  松平敬(声)
 John Cage: Music for One (1984-1987)
  http://www.johncage.info/workscage/musicfor.html
  松平敬(声)
 John Cage: Sixty-two Mesostics re Merce Cunningham  (1971)
  http://www.kunitachi-gakki.co.jp/concierge/004.html
  松平敬(声)
 John Cage: Ryoanji (1983-1985)
  http://www.johncage.info/workscage/ryoanji.html
  松平敬(声)、川村龍俊(パーカッション)

▼川村からひとこと

 2007 年はジョン・ケージ生誕95周年+没後15周年のメモリアル・イヤー。ジョン・ケージ・ファンの私としては、WINDS CAFE でもぜひケージがらみの企画を立てたいと考えておりましたが、稀代のバリトン、松平敬君の力を得て、その第一弾をここにお送りします。松平君の企画のもの すごさは彼の手紙を読んで頂ければおわかりになると思いますので、そちらをご参照ください。

 序幕として詩人松井茂君に戯曲を作ってもら いました。ケージにちなむ何かをテーマとして頼んだところ、ケージの作品の中には「レクチャー」というイベントがありますが、松井君はこの形式を踏襲して くれたのです。壮大な構想による遠大で広大な内容の台本が完成。暗記はとても無理なので、朗読形式でお送りします。

 とにかく、もりだくさんまくりな一日になります。どうかじっくり腰を落ち着けてご参加いただきますように。もう楽しみで楽しみでどうにかなっちゃうよ 〜。

▼松平敬君からの手紙

 今年は、20世紀の最重要作曲家の一人、ジョン・ケージ (1912-1992)の生誕95年、没後15年にあたります。

 本 WINDS CAFE を企画して下さっている川村さんは、皆様もご存知の通り世界に誇るケージ愛好家であり、私が WINDS CAFE に出演するのであれば絶対にケージ作品ばかりを集めたものにすると決めていました。

 そしてその機会が遂にやって来ました。もちろん演奏曲目はすべてケージ作品です。

  ケージは声のための作品を大量に作曲しているので(例えば「声のためのソロ」と名付けられた作品だけで96曲あります)その気になれば4時間でも5時間で もたった一人の声で延々と演奏出来るのですが、今回は、70年代、80年代の作品を2つずつ並べた約2時間のプログラムにまとめました。

 はじめの3作品は完全に一人の声のための作品ですが、最後に演奏する「龍安寺」は私の生演奏による声、事前に録音した3人の私の分身の声、川村さんの打 楽器による「五重奏」となります。

 どの作品も異常な時間感覚と沈黙(そして退屈さ)に満ちた作品ばかりで、ひとつのコンサートにまとめて演奏される事によってどのような時間が立ち現れる のか、演奏する私自身ですら全く想像がつきません。

 このようなリスクが高く挑戦的な企画ができるのも、WINDS CAFE のオープンな姿勢と川村さんのケージへの愛情のお陰です。濃密な(=希薄な)ケージの時間を楽しみにご来場下さい。

▼プロフィール

松平敬(まつだいら・たかし): バリトン歌手。愛媛県生まれ。東京芸術大学、同大学院に学ぶ。これまで度々、ドイツに於けるシュトックハウゼン講習会に参加する。受講生によるコンサート にも出演し、その演奏はシュトックハウゼン自身から高い評価を受ける。ケージ、シェルシ、ルシエ、湯浅譲二、川島素晴、クセナキスなど、先鋭的な作曲家の 声楽作品の演奏に力を入れている。一昨年、大井浩明のフォルテピアノとの共演で、シューベルト「冬の旅」、ケージ「冬の音楽」「ソング・ブックス」を一晩 のコンサートで演奏し話題を呼んだが、今年6月にはふたたび大井氏と「月に憑かれたピエロ」など、全曲シェーンベルク作品によるデュオ・リサイタルを予定 している。
http://tierkreis.web.infoseek.co.jp/

松井茂(まつい・しげる):2001年1月7日以来、決して止むこ となく詩を書き続けている。ゆえに、私は詩人である。
詩集:
『同時並列回路──回文詩集』(アロアロインターナショナル、2006年3月)
『オルガ・ブロスキーの墓』(アロアロインターナショナル、2006年10月)
『量子詩』(アロアロインターナショナル、2006年11月)
『松井茂短歌作品集』(photographers' gallery、2007年5月刊行予定)
http://www008.upp.so-net.ne.jp/methodpoem/

川村龍俊(かわむら・たつとし):1964 年東京生まれ。国際基督教大学卒(音楽学)、産能大学大学院経営情報学研究科修了。役者として平田オリザ主宰の劇団「青年団」の旗揚げ公演で主演 (1983)。ジョン・ケージ・ファン(命名黒沢伸)としてレコードコレクションの他、P3 art and environment(1993)、水戸芸術館(1994-95)他プロジェクト企画参加出演講義等多数。現代美術コレクターとして純心ギャラリーにて コレクション展(1998)。西脇順三郎「失われた時」全編朗読(2005)。1997年1月より毎月1回 WINDS CAFE を主宰。音楽・演劇・映画・舞踏・美術・文学・詩に親しむ株式会社福島明工社代表取締役社長(20070202より)。
http://homepage2.nifty.com/tatsutoshi-kawamura/


それでは2007年4月22日(日)に三軒茶屋でお目にか かりましょう。



◆予告編◆

 2007年05月27日(日)
 WINDS CAFE 125 in 三軒茶屋
 【樋口裕志アンサンブル】
 樋口裕志(ギター、ペダルスティールギター)、他
 http://members.at.infoseek.co.jp/hanasaki0114/index-5.html

 2007年06月24日(日)
 WINDS CAFE 126 in 三軒茶屋
 【飛び散ったかけら、君の消息を知りたい】
 小野のん子、造田エミ子(パフォーマンス)
 http://www1.odn.ne.jp/~hechima/artist_data.html#Anchor409690

 2007年07月22日(日)
 WINDS CAFE 127 in 三軒茶屋
 【邦舞の中の動物の表現】
 立方/坂東冨起子ほか、地方/吉澤昌江
 http://members.jcom.home.ne.jp/wj2m-nrmt/

 2007年08月12日(日)
 WINDS CAFE 128 in 三軒茶屋
 【ケージ:One9全10曲演奏会 〜ケージ生誕95年・没後15年によせて〜】
 田島和枝(笙)
 http://www008.upp.so-net.ne.jp/musubi-hime/index.html

 2007年09月09日(日)
 WINDS CAFE 129 in 三軒茶屋
 【語る芸〜瞽女唄と説教節】
 月岡祐紀子(民謡唄・三味線)
 http://www.geocities.jp/syamiyuki/

 2007年10月14日(日)
 WINDS CAFE 130 in 三軒茶屋
 【打楽器の音楽】
 渡邉理恵(パーカッション)
 http://ooipiano.exblog.jp/1483138

 2007年11月11日(日)
 WINDS CAFE 131 in 三軒茶屋
 【音の記憶】
 佐立努(うたとギター)
 http://www.kilie.com/satachi/

 2007年12月09日(日)
 WINDS CAFE 132 in 三軒茶屋
 【グリーンマン】
 松本智勇(レクチャー)
 http://homepage1.nifty.com/Pyrus/index.html

過去の企画



2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
12

WINDS CAFE 120 WINDS CAFE 108 WINDS CAFE 96 WINDS CAFE 84 WINDS CAFE 72 WINDS CAFE 60 WINDS CAFE 48 WINDS CAFE 36 WINDS CAFE 24 WINDS CAFE 12 音楽オフ12
11

WINDS CAFE 119 WINDS CAFE 107 WINDS CAFE 95 WINDS CAFE 83 WINDS CAFE 71 WINDS CAFE 59 WINDS CAFE 47 WINDS CAFE 35 WINDS CAFE 23 WINDS CAFE 11 音楽オフ11
10

WINDS CAFE 118 WINDS CAFE 106 WINDS CAFE 94 WINDS CAFE 82 WINDS CAFE 70 WINDS CAFE 58 WINDS CAFE 46 WINDS CAFE 34 WINDS CAFE 22 WINDS CAFE 10 音楽オフ10
 9

WINDS CAFE 117 WINDS CAFE 105 WINDS CAFE 93 WINDS CAFE 81 WINDS CAFE 69 WINDS CAFE 57 WINDS CAFE 45 WINDS CAFE 33 WINDS CAFE 21 WINDS CAFE 09 音楽オフ09
 8

WINDS CAFE 116 WINDS CAFE 104 WINDS CAFE 92 WINDS CAFE 80 WINDS CAFE 68 WINDS CAFE 56 WINDS CAFE 44 WINDS CAFE 32 WINDS CAFE 20 WINDS CAFE 08 音楽オフ08
 7

WINDS CAFE 115 WINDS CAFE 103 WINDS CAFE 91 WINDS CAFE 79 WINDS CAFE 67 WINDS CAFE 55 WINDS CAFE 43 WINDS CAFE 31 WINDS CAFE 19 WINDS CAFE 07 音楽オフ07
 6

WINDS CAFE 114 WINDS CAFE 102 WINDS CAFE 90 WINDS CAFE 78 WINDS CAFE 66 WINDS CAFE 54 WINDS CAFE 42 WINDS CAFE 30 WINDS CAFE 18 WINDS CAFE 06 音楽オフ06
 5

WINDS CAFE 113 WINDS CAFE 101 WINDS CAFE 89 WINDS CAFE 77 WINDS CAFE 65 WINDS CAFE 53 WINDS CAFE 41 WINDS CAFE 29 WINDS CAFE 17 WINDS CAFE 05 音楽オフ05
 4

WINDS CAFE 112 WINDS CAFE 100 WINDS CAFE 88 WINDS CAFE 76 WINDS CAFE 64 WINDS CAFE 52 WINDS CAFE 40 WINDS CAFE 28 WINDS CAFE 16 WINDS CAFE 04 音楽オフ04
 3
WINDS CAFE 123 WINDS CAFE 111 WINDS CAFE 99 WINDS CAFE 87 WINDS CAFE 75 WINDS CAFE 63 WINDS CAFE 51 WINDS CAFE 39 WINDS CAFE 27 WINDS CAFE 15 WINDS CAFE 03 音楽オフ03
 2
WINDS CAFE 122 WINDS CAFE 110 WINDS CAFE 98 WINDS CAFE 86 WINDS CAFE 74 WINDS CAFE 62 WINDS CAFE 50 WINDS CAFE 38 WINDS CAFE 26 WINDS CAFE 14 WINDS CAFE 02 音楽オフ02
 1
WINDS CAFE 121 WINDS CAFE 109 WINDS CAFE 97 WINDS CAFE 85 WINDS CAFE 73 WINDS CAFE 61 WINDS CAFE 49 WINDS CAFE 37 WINDS CAFE 25 WINDS CAFE 13 WINDS CAFE 01 音楽オフ01


Go to Main Page