以下は2003年3月31日に閉鎖された、ニフティサーブ内の電子会議室「芸術フォーラム」での告知です。この回をもって、「音楽オフ」は終了し、翌 1997年1月から「WINDS CAFE」となり、オフ会ではなく、川村龍俊個人が主宰するイベントとしてスタートすることになりました。

--------------------------------------------------------------------------


                            ●音楽オフ第12回●


川村龍俊です。今年最後の、第12回音楽オフの正式告知です。

§あ、そうそう、音楽オフにはどなたでもお越しいただけますので、ご遠慮なく。
§お友達を誘ってくださっても結構です。参加費は無料です。


  ヴィーンの大晦日を皆様と 〜オペレッタ「こうもり」を巡る一日〜


 日時:1996年12月28日(土) 午後

 場所:WINDS GALLERY(ウインズ ギャラリー)
        東京都武蔵野市吉祥寺本町3-4-11 7階

------

今回の音楽オフは、松本智勇さんに完全プロデュースをお願いしました。「扉を開
けるとそこはヴィーンの大晦日という感じにしたい」とおっしゃる松本さんの志を
受けて、当日は正装もしくはドレスアップしてお越しいただくようお願いします。
洋装の場合、男子はタイ着用のこと。ちなみに幸子は着物です。

------

●松本智勇さんからのメッセージ

12月の音楽オフはヨハン・シュトラウスのオペレッタ「こうもり」です。この作
品は日本での「第九」のようにヨーロッパ、とりわけヴィーンでは大晦日に上演さ
れるのが慣例となっています。ヴィーンはカトリックの強い土地であるため大晦日
は昔はひっそりと過ごす日だったようでが、「こうもり」を大晦日に上演するよう
になってからヴィーンもパリのように賑やかに過ごすようになったそうです。

音楽オフでこの作品を上演するのが決まったのは5月のオペラオフでのこと、この
時差し入れたトカイワインのワインらしからぬ味が発端で、このワインが登場する
オペラに「ボリス・ゴドゥノフ」と「こうもり」があります、という話になりまし
た。この「こうもり」にはクライバーの素晴らしい演奏があってLDも出ているの
でオフで上映しようというとになりました。次に時期をいつにしようかということ
になり、前述した慣例通り年末にするのが良いということになって今回開催する次
第となりました。

日が迫ってくると全く偶然に「名指揮者のリハーサル」というタイトルのセット物
のLDが東芝EMIから発売され、この中に当のクライバーが指揮する「こうもり」
序曲のリハーサル風景が収録されていました。たいへん興味深い映像であるので今
回はオペレッタの上映に先立ち、リハーサル風景のLDを上映し、更に親であるエー
リッヒ・クライバーの「こうもり」序曲の演奏も聴き比べてみたいと思っています。

------

●タイムテーブル

13:00〜15:00
        開場、「お茶の天国」ティータイムとおしゃべり

15:00〜16:00
        「お菓子の天国」おやつタイム、吉祥寺「マリア・テレジア」の特製ヴィー
        ンケーキをいただく

16:00〜17:30
        クライバー/シェンク版「こうもり」の楽しみ方
        94年ヴィーン国立歌劇場来日公演の体験から
        「こうもり」序曲(CD)、クライバー(親) 7分29秒
        「こうもり」序曲リハーサル(LD、リハーサル34分46秒、本番7分
        43秒)、クライバー(子)、モノクロ、モノラル

17:30〜19:00
        グラインドボーン風ディナー
        (各自外出、もしくは持参のお弁当で済ます。ご存知のようにグラインド
        ボーン音楽祭では会場の近くにレストランが全くないことから、食事は芝
        生でサンイッチということになっています)。

19:00〜20:30
        「こうもり」第一幕(52分8秒)

休憩 30分

20:30〜
        「こうもり」第二幕(55分0秒)

休憩 15分(シャンパンを開ける)

21:40〜
        「こうもり」第三幕 48分31秒

22:30終了

後片付け

------

●上演曲目の詳細

        曲目
        こうもり、3幕のオペレッタ

        作曲
        ヨハン シュトラウス(1825−1899)

        台本
        カール ハフナーとリヒャルト ジュネ

        原作
        アンリ メイヤックとルドヴィック アレヴィ共作の「夜食」から
        この二人は「カルメン」の台本作者でもあります。

        場所
        オーストリア帝国の温泉地イシュル

        時
        1874年12月31日
        第一幕 31日夕方
        第二幕 31日深夜〜翌朝
        第三幕 1月1日午前

        初演
        1874年4月5日、ヴィーン、アン・デア・ヴィーン劇場
        ちなみにこの年は「ボリス・ゴドゥノフ」が2月20日、「カルメン」が
        3月3日に初演されています。また、第1回印象派展覧会がナダールのア
        トリエで開催された年です。

        配役
        アイゼンシュタイン    エーベルハルト ヴェヒター
                      第二幕ではルナール侯爵として登場
        ロザリンデ(その妻)  パメラ コバーン
                     第二幕ではハンガリーの貴婦人として登場 
        フランク(刑務所長)  ベンノ クシェ
                     第二幕ではシャバリエ氏として登場
        オルロフスキー公爵    ブリギッテ ファスベンダー
    アルフレート          ヨーゼフ ホプファーヴィーザー
    ファルケ               ヴォルフガング ブレンデル
    ブリント               フェリー グルーバー
    アデーレ               ジャネット ペリー
                     第二幕では女優オルガとして登場
    フロッシュ            フランツ マクセンダー
    イヴァン               イヴァン ウンガー
    イーダ                 イレーネ シュタインバイサー

        バレエ
        バイエルン国立歌劇場バレエ団(振付:グッドルン レーベン)

        合唱
        バイエルン国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ウド メルポール)

        オーケストラ
        バイエルン国立歌劇場管弦楽団

        指揮
        カルロス クライバー

        演出
        オットー シェンク

        映像監督
        ブライアン ラージ

        録音・録画
        1986年12月30、31日バイエルン国立歌劇場におけるライヴ録音

        合唱編成
        ソプラノ、アルト、テノール、バス各2部

        楽器編成
        ピッコロ1、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、
        ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ、小太鼓、
        シンバル、チャイム、ハープ、弦五部、シャンパン

                                *

「名指揮者のリハーサル」から「こうもり」序曲
        指揮
        カルロス クライバー

        オーケストラ
        南ドイツ放送交響楽団(1975年からシュトゥットガルト放送交響楽団)

        収録
        リハーサル1969年12月、本演奏1970年1月、モノクロ

エーリッヒ クライバーの「こうもり」序曲
        録音 1933年6月19日

        オーケストラ
        ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

------

●会場地図

    JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」駅から徒歩5分(下図参照)

     \●紀ノ国屋
      \
       ×信号
                \                                                     
  WINDS GALLERY ★\                                              北    
                    \                                  |サ     ↑    
                      ×信号                       |ン           
                        \                              |ロ           
                          \   駐車場        /         ||           
                          □\□           /●パルコ   |ド           
                      駐車場  \         /−−−−−−−−−−−      
  至八王子====================================[JR吉祥寺駅]======至新宿
                  \  /
                              交差点×−−−−−−−−井−−−−         
                                  /  \               の                
                      いせや ●/      \              頭               
                              /        ●\井           線            
                            /         丸井 \の         ‖             
                          /                 \頭         ‖至         
                        /井の頭                \通        ‖渋         
                      /   公園                   \り       ‖谷        

WINDS GALLERY とは、井の頭通り沿いにある、7階建てのオフィスビル風のコンク
リートうちっぱなしのモダンな建物そのものの名前です。(上記の地図でよくわか
らない方は、駅で「スーパーマーケットの紀ノ国屋」を尋ねてください。紀ノ国屋
の一つ手前の信号の、少し手前の左側になります)。ビルの1階はショーウインドー
風のガラス張りになっていて、木工製品を扱う「森のギャラリー」なるお店になっ
ています。

当日は入り口の壁に「芸術フォーラム音楽オフ会場」と張り紙をしておきます。入
り口はガラスの自動ドアになっていますので、それを入って、エレベーターで、7
階(最上階)まで上がってください。ドアが開くと、さあ、そこが会場です。

WINDS GALLERY のオーナーは陶芸家の板橋廣美氏で、5/10の第5回、6/29の第6回、
7/27の第7回、8/24の第8回、9/22の第9回、10/19の第10回、11/30の第11回に続
き、今回も快く場所を提供してくださいました。

------

それでは、みなさんのドレスアップしてのお越しを心よりお待ち申し上げます。年
末の大騒ぎを、たまには大人のムードでやってみましょうよ。もし着替えが必要な
ら、場所はありますので、持ってきてくださっても可です。

それから、シャンパンをはじめとして飲物が次々に出ますので、ご自分用のティー
カップ、ワイングラス、シャンパングラスをご持参いただけると、ぐっとムードが
出ます。おもちいただけないと、紙コップってなことになりかねませんので、「お
しゃれとカップとグラス」をセットでご準備ください。


--------------------------------------------------------------------------


●付録●

以下は、「芸術フォーラムの音楽オフ」から「 WINDS CAFE 」へ生まれ変わることを、芸術フォーラム内で宣言した文章です。

1997/01/10 13:52

                         音楽オフ → WINDS CAFE


川村龍俊です。昨年1月に個人宅でのカセットテープ鑑賞会でスタートした音楽オ
フは、みなさまのおかげで、無事毎月開催することができ、12月には松本智勇さん
プロデュースによる正装して集うオペラハウスにまで成長しました。この間、百数
十人にのぼる方々といっしょに過ごしてきたことになり、この出会いの大きさに思
いをはせるとき、落涙を禁じ得ません。

昨年5月から会場に使用している WINDS GALLERY は、現代陶芸の雄、板橋廣美氏
の所有になるマンションの最上階(7階)にあります。マンションは95年秋に完成、
身障者の方に利用していただくことを最優先に設計され、一方ギャラリーは楽に移
動できる可動壁により自由に展示スペースを組むことができます。北と西の壁面は
足元から天井までガラス張り構造で、夕焼けが美しく、武蔵野台地をはるかに富士
の影も見えます。

集うことを第一に考えてきた私ではありましたが、WINDS GALLERY そのものの魅力
に、いつしかとりつかれてもいました。オフ会と銘打っておきながら、ファクスや
郵便で60人以上もの方々に案内を出していることに気付いたとき、すでに来場者の
内訳がパソコン通信利用者とそうでない人の割合が半々になっていたのでした。そ
ういう訳で、音楽オフも、新しい展開へ向けて終了いたします。



                ここに、WINDS CAFE の発足を宣言いたします。



WINDS CAFE は、音楽オフで培われたノウハウをベースに、私、川村龍俊の総合プ
ロデュースのもと、WIND GALLERY で毎月1回、テーマを持った集まりを基本的に
無料で開催するものです。

音楽を中心に、しかし音楽だけにとどまらず、音楽会議室や芸術フォーラム内で出
てきた話題、あるいはその他のところからヒントをもらい、その日の担当ホストを
任命し、演出してもらいます。

音楽ソフトや映像ソフト鑑賞以外にも、ライブやパフォーマンス、レクチャーやシ
ンポジウム、パーティーやワークショップ、展覧会やお茶会まで、ホストの裁量で
自由に時間を使っていただこうと考えています。

WINDS CAFE 01
  1997年1月25日(土)
 昼の部:午後2時〜5時 WINDS CAFE オープン記念DJ大会
 夜の部:午後7時半〜  クリストフ・シャルル サウンド・パフォーマンス

WINDS CAFE 02
  1997年2月15日(土)
  MAL氏の企画

WINDS CAFE 03 以降はまだ日付未定です。

------

WINDS という名称は、板橋廣美氏がご自分の陶芸研究所にも使用しているほど、愛
着のある名前だそうです。WINDS CAFE の命名にあたり、WINDS ということばの由
来をお聞きしましたところ、このようなお話を聞かせていただきました:「WINDS
GALLERY を建設中、私は風を感じた。風をギャラリーの名前にしようと思ったが、
英語の方がかっこいいとおもって辞書を引いた。WIND の複数形 WINDS が、オーケ
ストラの管楽器パートや吹奏楽のことを表すのを知って、それで WINDS に決めた
んだ」。


過去の企画




2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
12

WINDS CAFE 108 WINDS CAFE 96 WINDS CAFE 84 WINDS CAFE 72 WINDS CAFE 60 WINDS CAFE 48 WINDS CAFE 36 WINDS CAFE 24 WINDS CAFE 12 音楽オフ12
11

WINDS CAFE 107 WINDS CAFE 95 WINDS CAFE 83 WINDS CAFE 71 WINDS CAFE 59 WINDS CAFE 47 WINDS CAFE 35 WINDS CAFE 23 WINDS CAFE 11 音楽オフ11
10

WINDS CAFE 106 WINDS CAFE 94 WINDS CAFE 82 WINDS CAFE 70 WINDS CAFE 58 WINDS CAFE 46 WINDS CAFE 34 WINDS CAFE 22 WINDS CAFE 10 音楽オフ10
 9

WINDS CAFE 105 WINDS CAFE 93 WINDS CAFE 81 WINDS CAFE 69 WINDS CAFE 57 WINDS CAFE 45 WINDS CAFE 33 WINDS CAFE 21 WINDS CAFE 09 音楽オフ09
 8

WINDS CAFE 104 WINDS CAFE 92 WINDS CAFE 80 WINDS CAFE 68 WINDS CAFE 56 WINDS CAFE 44 WINDS CAFE 32 WINDS CAFE 20 WINDS CAFE 08 音楽オフ08
 7

WINDS CAFE 103 WINDS CAFE 91 WINDS CAFE 79 WINDS CAFE 67 WINDS CAFE 55 WINDS CAFE 43 WINDS CAFE 31 WINDS CAFE 19 WINDS CAFE 07 音楽オフ07
 6

WINDS CAFE 102 WINDS CAFE 90 WINDS CAFE 78 WINDS CAFE 66 WINDS CAFE 54 WINDS CAFE 42 WINDS CAFE 30 WINDS CAFE 18 WINDS CAFE 06 音楽オフ06
 5

WINDS CAFE 101 WINDS CAFE 89 WINDS CAFE 77 WINDS CAFE 65 WINDS CAFE 53 WINDS CAFE 41 WINDS CAFE 29 WINDS CAFE 17 WINDS CAFE 05 音楽オフ05
 4

WINDS CAFE 100 WINDS CAFE 88 WINDS CAFE 76 WINDS CAFE 64 WINDS CAFE 52 WINDS CAFE 40 WINDS CAFE 28 WINDS CAFE 16 WINDS CAFE 04 音楽オフ04
 3

WINDS CAFE 99 WINDS CAFE 87 WINDS CAFE 75 WINDS CAFE 63 WINDS CAFE 51 WINDS CAFE 39 WINDS CAFE 27 WINDS CAFE 15 WINDS CAFE 03 音楽オフ03
 2

WINDS CAFE 98 WINDS CAFE 86 WINDS CAFE 74 WINDS CAFE 62 WINDS CAFE 50 WINDS CAFE 38 WINDS CAFE 26 WINDS CAFE 14 WINDS CAFE 02 音楽オフ02
 1
WINDS CAFE 109 WINDS CAFE 97 WINDS CAFE 85 WINDS CAFE 73 WINDS CAFE 61 WINDS CAFE 49 WINDS CAFE 37 WINDS CAFE 25 WINDS CAFE 13 WINDS CAFE 01 音楽オフ01


Go to Main Page