Introduction to JAlbum - JAlbum 入門

ver 0.3.2 (20090125)


1. はじめに

1-1. JAlbum について

JAlbum は無償で公開されているウェブアルバム(写真集)作成ソフトです。Windows 版と MacOS X 版のほか、Linux 版も存在ます。JAlbum は「スキン」を切り替えることによってさまざまなデザインと機能を持ったアルバムが簡単に作成できます。アルバムの仕上がり具合はスキンに依存しますが、JAlbum 本体にセンスのいいスキンが添付されていますので、手軽に完成度の高いアルバムを作成できます。その他のスキンは JAlbum のサイトで公開されています。筆者の blogギャラリーのコンテンツは JAlbum で制作しています。

1-2. このページについて

JAlbum は非常に高機能な上、Java で書かれているため操作性が OS 標準のものとかなり異なります。本体は有志によって日本語化されていますが、スキンは概ねローカライズされていません。そのような事情で、なかなかむつかしいソフトなのですが、あまり日本語の解説を見かけません。何人かの友人から使い方を教えてほしいというリクエストをもらったので、筆者の使用法を元に簡単な解説を書いてみました。筆者のサイトにあるアルバムの制作過程を追っています。詳細なマニュアルや FAQ は JAlbum のサイトにあります。

このページの解説は筆者の使用法に基づいているため、JAlbum の機能を網羅するものではありませんが、基本的な使用法を習得すれば応用は難しくないと思います。スキンは標準で添付されている中から筆者の気に入っている Chameleon についてのみ取り上げています。Chameleon はかなり詳細な設定が可能ですが、それも網羅しているわけではありません。JAlbum のサイトからダウンロードできるさまざまなスキンにはさらに高機能なものもありますが、それらには言及していません。また、MacOS X 版に基づいているため、Windows 版では操作や動作が異なる可能性があります。Windows 版で気の付いた事項は、下記 6.「Windows 版についての付記」にまとめました。

以下、スクリーンショットのサムネイルは、クリックすると別ウインドウに原寸大で表示されます。

誤記を発見された場合やリクエストなどがある場合は、このページの最後にある著作権表示からメールでお知らせください。可能な限り対応いたします。

2. ダウンロードとインストール

JAlbum のサイトでダウンロードページに入るとすると、"Sign up" としてアカウントの登録(サインアップ)を促すフォームが表示されますが、一番下の "Skip this step" というボタンを押せば、サインアップせずにそのままダウンロードできます。アカウントを登録すると、後述の 5. ように無償でウェブスペースが使えるようになります。ダウンロードするファイルは OS ごとに異なりますが、ブラウザの user agent に応じて適切なものが表示されます。

MacOS X ではディスクイメージ JAlbum.dmg がダウンロードされますので、Finder でマウントして内容を適当な場所(例えば /Applications~/Applications)にコピーします。

Windows ではインストーラ JAlbum-install.exe がダウンロードされます。インストーラをダブルクリックで起動して、表示される指示に従ってインストールします。「Java 仮想マシンが見つからない」旨のエラーが出る場合は、下記 6.「Windows 版についての付記」を参照してください。

3. アルバムの作成

アルバムの作成は、写真の登録、スキンの選択、アルバムの設定、アルバムの作成の手順で行います。アルバムの作成はボタンひとつで何度でもやり直しができますので、スキンの選択や設定はいろいろ試して好みのデザインを探してください。

3-1. 写真の登録

JAlbum でアルバムを作成するには、アルバムで表示したい写真(画像ファイル)を登録します。写真の登録方法はいろいろなやり方が考えられますが、筆者は以下の (1)〜(3) ような手順にしています。

(1) アルバム名と同じ名前のフォルダを作ります。フォルダは、任意に決めた画像ファイルやアルバム本体を収納しておく場所(例えば ~/Pictures/album など)に置きます。アルバムの設定を行った後にこのフォルダを移動させると、下記 3-4-1. のようにフォルダの位置を再設定する必要があります。

(2) オリジナルの画像ファイルからアルバムにしたいものを (1) のフォルダにコピーします。下図のように、画像のみが収納されたフォルダになります。

(3) フォルダを JAlbum にドラッグアンドドロップして JAlbum を起動します。

JAlbum が起動し「メインウインドウ」が現れます。メインウインドウの右側には、フォルダ内のファイルがサムネールアイコンで登録されています。左側にはフォルダの名前でアルバムが登録されています。アルバム名は登録後に変更が可能ですが、登録した画像ファイルをアルバム名のフォルダで管理のために (1) のようにしています。

Windows 版で、フォルダのドラッグアンドドロップで画像ファイルが登録されない場合は、下記 6.「Windows 版についての付記」を参照してください。

オリジナルの画像ファイルをコピーせずにそのまま登録してもいいのですが、オリジナルの写真には補正などはかけたくありません。そこで (2) のようにいったんコピーをとって、それを登録するようにしています。JAlbum にはアルバム作成時に補正などをする機能はありませんので(左右の回転のみ)、コピーしたファイルに事前に必要な補正を行っておきます。

3-2. 画像の操作

メインウインドウでできる操作を説明します。

3-2-1. 画像の並べ替え

画像の順番はドラッグアンドドロップで変更できます。

3-2-2. 画像の回転など

画像アイコン上で右クリック(MacOS X では右クリックか ctrl+クリック)するとコンテキストメニューがポップアップします。画像の回転や一時的なアルバムからの除外などが指定できます。

3-2-3. コメント

メインウインドウ上で画像アイコンをダブルクリックすると、コメントを入力するウインドウが開きます。ここに入力したコメントは、アルバムの画像ページ (Slide Page) で使用されますが、スキンによってはコメントが表示されないデザインになっていて無視されたり、日本語などの2バイト文字が化けたりする場合もあります。Chameleon では正常に表示されます。コメントを登録した画像には、メインウインドウのアイコンに小さな吹き出しが付きます。

3-3. スキンの選択

スキンを選択するポップアップメニューから適用するスキンを選択します。スキンは JAlbum のサイトからダウンロードできますが、ここでは標準添付されている Chameleon を使用します。スキンによってはスタイルを選択するポップアップメニューが使用できます。Chameleon では配色や背景のパターンの異なるスタイルが選択できます。メニューがポップアップしている間は上部にデザインのサンプルが表示されます。

3-4. アルバムの設定

設定ボタンを押してアルバムの設定ウインドウを表示します。上部のツールバーのアイコンのうち、右端はスキンの設定を行うボタンで、表示される内容はスキンによって異なります。左の4つは JAlbum 本体による設定です。ここでは、基本的に、デフォルトから変更が必要な箇所やアルバムのデザイン上注目すべき箇所のみについて述べます。

3-4-1. メイン

画像ディレクトリ
登録された画像ファイルの入っているディレクトリ(フォルダ)の絶対パスです。フォルダをドラッグアンドドロップして起動した場合は、そのフォルダの絶対パスがすでに入力されているはずです。3-1. でフォルダをあらかじめ保管場所に置いたのはこのためです。登録後にフォルダを移動させた場合は、ここを移動後の絶対パスに変更します。
出力ディレクトリ
アルバム本体が出力されるディレクトリ(フォルダ)です。絶対パスまたは相対パスで記述されます。相対パスで書かれた場合は、画像ディレクトリの絶対パスが基準になります。デフォルトでは album となっていますが、筆者はアルバム本体のフォルダを同じ場所にアップロードすることを考えて、アルバムに固有の名前をつけています。
画像の順番
日付順になっていますが、前述の 3-2-1. のように任意に変更できます。
レイアウト
アルバムのインデックスページのサムネイル画像の並び方(縦横の数)を指定します。スキンによっては無視されるようですが、Chameleon ではそのまま反映されます。横列が指定した数に達すると、インデックスページが複数生成されます。横列を 0 にしておくと無制限になるようです。

絶対パスと相対パスについて
絶対パスと相対パスの概念は、html でウェブページをコーディングする際に URL と併せて語られることが多いのですが、ここではコンピュータのファイルシステム上(誤解を恐れず言い切ってしまうと、ハードディスク上)のディレクトリ(フォルダ)やファイルの位置を意味します。
絶対パス
ファイルシステムの最上位から順次ディレクトリをたどって(すなわち、パス (path) をたどって)位置が指定されます。MacOS X などの UNIX 系 OS では、例えば /Users/yu/Pictures/album/example のように、最初が最上位の /(ルート)から始まります。Windows では C:\Documents and Settings\yu\My Documents\My Pictures\album\example のように、ボリューム名(例えば C:)から始まります。
相対パス
現在注目している位置(カレントディレクトリ)からの相対的な位置を指定します。例えば、album/part1 のように、いきなりディレクトリ名(ファイルの場合はファイル名)から始まります。上に絶対パス例示したディレクトリをカレントディレクトリとし、そこを基準にした相対パスを album/part1 とすると、実際に指定されるディレクトリの絶対パスは /Users/yu/Pictures/album/example/album/part1 になります。

3-4-2. 画像

シャープネス
デフォルトではかなり高い数値になっていますが、そのままではエッジが強調されすぎて荒れた印象になります。15〜20 程度に落とした方がわざとらしくありません。
JPEG の品質
デフォルトの 75 のままでいいでしょう。
画像のサイズ
Chameleon では、画像のサイズはそのまま反映されますが、サムネイルのサイズは無視されているようです。

3-4-3. ナビゲーション

画像へのリンク
インデックスページのサムネール画像からのリンクを設定します。一番上の「縮小画像へのリンクのみ作成」を選択しておきます。下のふたつで元画像へのリンクを使用する際は、オリジナルの画像ファイルも一緒にアップロードする必要があります。

3-4-4. Chameleon - General

3-4-4. から 3-4-7. は Chameleon スキンの設定です。ここでは筆者がデフォルトから変更しているものを中心に解説します。スクリーンショットは、例に挙げた筆者のアルバムで使用した設定です。Chameleon の詳細なマニュアルは、作者のページにあります。

Uplink from main page
インデックスページの左上の上向き三角のリンク先を指定します。ここではギャラリーページを指定しています。

3-4-5. Chameleon - Album info

Show in table
インデックスページと画像ページ (Slide Page) でテーブルの枠を表示します。
Include navigation help
Popup window にしておくと、ヘルプページが小さな別ウインドウで表示されます。
Show total number of images
アルバム全体での画像数をインデックスページに表示します。
Show last update
最終の更新日時をインデックスページに表示します。
Custom Link
インデックスページと画像ページの下に表示されるリンク先を指定します。ここでは、ブログのトップページなどを指定しています。

3-4-6. Chameleon - Images

Image navigation
画像ページで、画像本体にナビゲーション用のリンクを作成します。
Image save protection
画像ページから画像ファイルをドラッグアンドドロップで保存できないようにします。ただし、ブラウザで画像自体の URL を指定すれば保存はできてしまいます。
Text to display
画像ページで表示されるテキストを選択します。Comment は 3-2-3 で画像ごとに入力したコメントです。Use Label if there's no comment をチェックしておくと、コメントの無い画像では画像のラベルが表示されます。ラベルが無い場合はファイル名が入るようです。

3-4-7. Chameleon - Metadata

画像ページに表示する撮影時のデータを選択します。ここではすべてオフにしていますが、EXIF から適当な項目を選択しておくといいかもしれません。

3-5. アルバムの作成

設定が終わったら「アルバムを作成」ボタンを押してアルバムを作成します。アルバム本体は 3-4-1. で指定したディレクトリ(フォルダ)に生成されます。「アルバムを見る」ボタンを押すと、デフォルトのウェブブラウザでアルバムのインデックスページが開かれます。アルバム本体のフォルダ内の index.html をダブルクリックしても同じです。

3-1-1. の (1) で作成したフォルダには、以下のようにコピーした画像ファイルに加えて、アルバムを収納したフォルダ(ここでは 7x18)や JAlbum の設定ファイル群が収納されます。JAlbum を再度起動する場合は、このフォルダ内の設定ファイル jalbum-settings.jap をダブルクリックします。

4. アルバムのアップロード

できあがったアルバムを、契約しているプロバイダのウェブスペースなどの適当なサーバにアップロードして公開します。3-4-3. で元画像へのリンクを使用しなかった場合は、アルバム本体のフォルダのみをアップロードします。MacOS X なら CyberduckFetch などの ftp、sfpt クライアントソフトを使用します。Windows では FFFTP(sftp はサポートしていません)、WinSCP(sftp 専用)、FileZilla などがあります。

JAlbum にはアルバムをアップロードする ftp クライアント機能が内蔵されていますが、細かい設定ができない上、サーバによってはアップロードできないこともあるので、筆者はあまり使用していません。次項の myjalbum.net の無償のウェブスペースにアップロードする場合は簡単に使えます。

5. myjalbum.net のウェブスペース

2. で述べたように、JAlbum のアカウントを取得すると無償のウェブスペースが使用できるようになります。URL は http://user_name.myjalbum.net/album_name/ のようになります。user_name は取得したアカウント名、album_name は任意のアルバム名です。このウェブスペースには sftp で接続できますので、4. で挙げた ftp クライアントでプロトコルに sftp を指定すれば接続できます。

JAlbum の ftp クライアント機能を使用する場合は、「公開」ボタンを押してアカウント名とパスワードを入力します。アルバムのディレクトリ名にはアルバム名がそのまま入りますが、日本語などの2バイト文字は化けますので、1バイト文字のみに修正します。

アップロードボタンを押すとアップロードが開始されます。

6. Windows 版についての付記

6-1. インストール時のエラー

Windows のインストーラ JAlbum-install.exe の指示に従ってインストールする場合、「Java 仮想マシンが見つからない」旨のエラーが出ることがあります。

これは、JAlbum を起動するのに必要な Java VM(仮想マシン)が存在しないか、存在しても古すぎることが原因ですので、SUN Microsystems のサイトから必要な Java VM をダウンロードしてインストールします。上記のエラーメッセージにある http://java.sun.com はデベロッパ向けのサイトに誘導されますので、http://java.com/ja/ にアクセスして、指示に従って最新の VM をインストールします。

JAlbum のインストーラの「使用する Java VM の選択」では、上記でインストールした新しい VM を指定します。ウインドウに VM のリストが現れない場合は、「他の検索」ボタンを押して検索をかけると表示されます。その後、インストーラの指示に従ってインストールを完了します。

6-2. 画像ファイルの登録

Windows 版では、フォルダのドラッグアンドドロップで画像ファイルが登録されないことがあります。その場合は、JAlbum 本体(JAlbum.exe)を起動し、空のメインウインドウのツールバーにある「追加ボタン」を押して画像ファイルの入ったフォルダを指定します。この方法は、もちろん MacOS X 版でも可能です。

メインウインドウにフォルダ内の写真が登録されます。

7. Chameleobox について

Chameleon スキンLightbox 2 を使用するために、Chameleon non-java ver 3.42 に最低限の改造を加えて Chameleobox スキン を作成しました。リンクをクリックすると Chameleobox001.zip がダウンロードされますので、解凍してください。使い方は、フォルダ内の readme_ja.txt をご覧下さい。Chameleobox を使用するためには、別途 Lightbox 2 をダウンロードする必要があります。


history

ver 0.01 (20071031)
下書き

ver 0.02 (20071101)
少し推敲 スクリーンショット整理

ver 0.1 (20071102)
ページの名称を「JAlbum 入門」に変更 少し推敲と加筆 見栄えを調整して、一応公開バージョン

ver 0.2 (20071103)
「Windows 版についての付記」を追加

ver 0.3 (20071108)
「Chameleobox について」を追加

ver 0.3.1 (20071110)
誤記を少し修正

ver 0.3.2 (20090125)
リンクを少し修正

to do

JAlbum 最新バージョンに最適化

Chameleobox の分離


copyright (c) 2007-2009
by , all rights reserved